トップページ

もうひとつの
わかむすめ

わかむすめ姉妹商品のご紹介

  • 新姫Cinderellaについて

    キラキラネームと言われるこのお酒は、平成27年に看護師を辞め、酒造りに専念することを決意した妻へのプレゼントに造られたものです。 この「新姫」の精米歩合38%というのは、妻の38歳のチャレンジを応援する意味でした。そして同時に、人生の新しい扉を開くその瞬間に、皆様のシンデレラストーリーや、サクセスストーリーの幕開けを応援したいと願い発売致しました。人生の新しい扉を開く、その瞬間にどうぞおそばに置いてください。
    「新姫」は、人生の門出に華をそえる、特別な乾杯酒です。山口県オリジナル酒米「西都の雫」を38%まで磨き上げ、低温でじっくりと発酵させた 年に1回のみ仕込む高精白な純米大吟醸。繊細な香りとしっかりした米の旨味、ゆったりと引いてゆく心地よい余韻・・・どんなお食事にもよく合う、清らかで上品な味わいをご堪能ください。

    • 平成30年度山口県特産品振興奨励賞
    新姫(シンデレラ)Cinderella
  • Bunbunについて

    杜氏交代を機に、2018年11月より発売した杜氏として第一作目であり、新しく立ち上げたBunbunシリーズ。Bunbunシリーズは新しいことへどんどんチャレンジしていく、チャレンジタンクでもあります。
    これまでに山口県酵母9Eを使用した辛口純米吟醸酒や、超辛口 純米吟醸METAL Bunbunを発売。
    ラベルのイラストモデルは「Bun bun」作者と作者の愛犬や愛猫です。

    • IWC2019純米吟醸の部 ブロンズ賞
    • Kura Master2020純米酒の部 ゴールド賞
    Bunbun

enjoy your wakamusume.

お酒に合う料理 第四弾!!

画像:鶏レバーの旨煮

画像:鶏レバーの旨煮

鶏レバーの旨煮
材料:4人前
鶏レバー
300g
濃口醤油
180cc
120cc
味醂
120cc
砂糖
50g
おろし生姜
3g
白ねぎ千切り
少々
作り方
  1. 鶏レバーの下処理をします。水で洗い、血のかたまりなどを取り除きます。
  2. 大きめの鍋にたっぷりのお湯を用意し、レバーをさっと茹でる(10秒位)レバーを氷水に取り上げる。
  3. 鍋に調味料を入れ、レバーを入れ、灰汁を取りながら火を入れていく。煮詰めて完成。
  4. 白ねぎ千切りをトッピングに
画像:和風水餃子

画像:和風水餃子

和風水餃子
材料:20ヶ分 4人前
餃子の皮
20枚
豚ミンチ
200g
白菜漬け
130g
塩昆布
6g
かつお節
少々
小松菜
少々
かつお出汁
600cc

水溶き片栗粉
少々
作り方
  1. 白菜漬け、塩昆布をみじん切りにしておく。
  2. ボウルに豚ミンチ、かつお節と❶を入れ、しっかり練り合わせる。
  3. 皮でしっかりと包み、たっぷりのお湯で3分位茹でて(鍋に餃子を入れたら弱火で)、器に盛り付ける。
  4. スープとし、かつお出汁と色味の小松菜を加えて完成。

    ※白菜漬けや塩昆布などからしっかりと味や香りが出ます。そのまま、スープがなくても美味しいですよ。

お酒に合う料理 第三弾!!

画像:鶏胸肉のさっぱり煮

画像:鶏胸肉のさっぱり煮

鶏胸肉のさっぱり煮
材料
鶏胸肉
80g
小かぶ
1玉
梅干(小つぶ)
1ヶ
かいわれ
少々
きざみ海苔
少々
茶あられ
少々
チキンブイヨン
400cc
塩こしょう
少々
片栗粉
少々
作り方
  1. 鶏胸肉は皮を取り除き7mmくらいの幅でスライスしておく。
  2. 小カブを1/4にカットし400ccのチキンブイヨンでゆっくり火を入れていく。この時に梅干も入れておく。かるめの塩こしょうで味を整えます。
  3. ❷に火が入ったら❶の鶏胸肉にかるく塩こしょうをし、片栗粉をまぶし鍋に入れ、火を通します。
  4. 器に盛り付け仕上げにかいわれ、茶あられ、きざみ海苔を飾り完成
    ※❸の工程は、鶏肉を入れた時、出汁にとろみがつきます。

    ※鶏肉のスライス幅が厚くなると、火が入らず鍋底が焦げてしまいます。鍋をゆすりながら1枚ずつ重ならないように入れましよう。
画像:マグロとアボカドの生春巻

画像:マグロとアボカドの生春巻

マグロとアボカドの生春巻
材料:4本分
生春巻 皮(ライスペーパー)
4枚
マグロブロック
200g
アボカド
1ヶ
サニーレタス
1/4玉
オニオンスライス
60g
かいわれ
1pc
松の実
30g
スィートチリソース
40g
マヨネーズ
40g
作り方
  1. マグロを生春巻の皮に対して長細く切ります。
  2. オニオンスライス、かいわれ、サニーレタスを水につけ、さらします。
  3. アボカドは半分に割り、種を取りのぞき、1玉を8cutにしておく。
  4. それぞれを下処理できたら、ぬるま湯にライスペーパーをさっとくぐらし、サランラップの上にひろげておく。
    サニーレタス、アボカド、かいわれ、松の実の順に置き、巻きます。
  5. ソースは同量をボウルなどで合わせておく。

    ※❹の工程は、なるべくさっと仕上げましょう。
    ※巻き終えて少し冷蔵庫で冷やしてから切りましょう。

画像:セントコア山口料理長 増本 栄二郎

セントコア山口料理長増本 栄二郎

一般社団法人日本エスコフィエ協会正会員
厚生労働大臣認可:西洋料理専門調理師・調理技能士
厚生労働大臣認可:専門調理食育推進員

画像:セントコア山口

セントコア山口

〒753-0056
山口県山口市湯田温泉3丁目2-7
TEL:083-922-0811
URL:https://www.centcore.com/

Googlemapはこちら

ページトップへ